主婦借入

MENU

ハードルが高い?主婦の「借入」申し込み

ここ最近、消費者金融業界では法律が見直され、新しい規則が導入されました。
これはかなり大きな変化で、借入する側には厳しものとなりました。

見直しがされた法律とは「過払い金請求」の基礎となるもので、消費者金融から借入する場合、「年収の三分の一までを限度とする」というものです。
この法律見直しの背景には、消費者金融から借入したことにより、「多重債務」に陥る人が急増してしまったということがあります。

この大きな変化で影響を受けたのは、派遣労働者などの非正規雇用者や、収入の少ないパート・アルバイト労働者や在宅ワーカー、収入のない無職の人や専業主婦などの人たちです。
特に無職の人については収入がないとみなされ、実質的に借入不可能となりました。

結果的に、非正規雇用であれパート・アルバイトであれ「収入を得ている人」と「収入がない人」とで、はっきりと明暗が分かれてしまったのです。

しかし、収入を得ている人のなかでも、正規雇用者などで収入や雇用形態が安定している場合は消費者金融を利用しやすく、収入はあるけど不安定、しかも雇用形態も不安定という場合は、限度額も低くなり利用しづらくなっています。

またこれは、クレジットカードについているキャッシング限度額についても同じことが言えます。
複数のカードを利用している場合は、それらの合計金額が「年収の三分の一以内」となっていて、それを越えることはできません。

このように消費者金融業者を利用する場合、以前よりも難しく、特に収入のない専業主婦は「借入」が厳しくなりました。

専業主婦は「借入」できる?夫に内緒で申し込みたい


専業主婦は基本的に「収入がない」とみなされています。
ですから、新たにクレジットカードの申し込みをする場合は、原則的に審査を通過することは難しいと言われています。
全くの「無収入」の場合は、消費者金融業者やクレジットカードの利用は不可能ということになるでしょう。

だからと言って、専業主婦が消費者金融での借入やクレジットカードの申請ができない訳ではありません。
専業主婦の場合、個人の収入がないとしても夫の収入があれば、申請して審査ができるという規則があります。

ただしキャッシング限度額が、夫が利用しているキャッシング限度額が優先され、残りの利用可能な額で、妻の利用分の限度額が決められることになります。

これは、夫の収入で妻を養っていると判断し、その収入を夫婦共同で利用しているという考え方で審査するということです。
ですから妻名義での申請でも、夫に対する本人確認や在籍確認などもが行われることになります。

では主人に内緒で「借入」の申し込みはできないのか?という疑問がここで浮上します。

そうなのです。
収入のない専業主婦が「借入」の申し込みをする場合は、必ず夫の審査があり、それを通過しなければ「借入」することは不可能なのです。
夫の審査を拒否したりすると審査は通過できません。
ですから専業主婦で夫に内緒で借入するということは、実現できないものと認識しておきましょう。


更新履歴